最新ニュース

UV硬化オルガノシリコン樹脂の調製および性能
源:iotachem.com
ポストタイム:2016-09-03 18:25:06

ヒント

[ 1 ]接着剤網マイクロ群すでにいっぱい、請加群二と加入マイクロ群の友達、先に加マイクロ手紙:13783451063を明記加群説明。

作者:李志云 ;顔来興

単位:広東博兴新材料技術有限会社

0序文

、有機ケイ素材料は低いの表面張力(19.1mN / m)、明らかに対して剥離力低下のインターフェース、有機フッ素係の物質が大きくコスト優位ために良く使われて離型紙のコーティング材.


現在国内外離型紙用オルガノシリコンコーティング材の硬化方式は主に熱硬化とUV硬化に種.比較UV硬化にとって、熱硬化オルガノシリコン樹脂材料は安いが、このシステムは普遍的に使われて溶剤係.固化温度が高い.大.エネルギー効率が低く、多くの基材に高温で加工を焼くことができない。


UV硬化技術はその強大な省エネ環境効率的に優位を獲得。.グローバル大幅減が急速に発展して、塗装.印刷.接着領域VOC排出やエネルギー、建材.電子.光電.包装印刷などの分野に応用広範で、すでに発生に巨大な経済と社会利益.有機ケイ素UV硬化製品は陽イオンと自由に基づく固化メカニズムは、カチオン樹脂固化時体積収縮小.付着力が強い.無酸素重合防止システムが、カチオン一般が不安定(塗布環境湿気影響大)制限その規模の使うため、現在市場に多く採用UVラジカル硬化技術.


離型の塗料(隔離塗料)は1種の防止プリプレグ癒着を保護することができ、またプリプレグない汚染の剥離塗料.と伝統のUV樹脂に比べ、有機ケイ素アクリル樹脂及び酸素オリゴマーにより大きな吸収と浸透(ポリジメチルシロキサン酸素拡散係数を605×10-10cm / sで、ポリメチルメタクリレートわずか0.154×10-10cm / s)ため、現在実現UV有機ケイ素アクリレート類離型紙製品の技術の鍵は有効の除去システムの中の酸素が、例えばプリ吹く、非常に薄いの塗料(<;じゅうμm)は急速に表面の形成のシール材酸素を妨げるの吸収と拡散の有効な方法を採用する。しかしもし窒素ガスフラッシング保護、必然が従来のコーティング装置の改造を行う、増加窒素製造設備や貯蔵窒素設備、塗布のコスト増加;


だから本文の試みは無窒素の保護の作用の下で研究を通じて塗料組分にUV硬化オルガノシリコン樹脂.単体.プレポリマー.助剤やコーティング方式にコーティング基本性能に影響すると良い樹脂調製剥離力が低いといい有機ケイ素は接着材型コーティング。

いち実験部分1 . 1の主な原料

UV B-530ポリエステル樹脂:アクリル樹脂. B-619高官が度アクリル樹脂、自制;有機ケイ素光硬化:OS1、OS2自制;UV単体:双ペンタエリトリトール六アクリレート(DPHA)、三ヒドロキシプロパン三アクリレート(TMPTA)、季ペンタ4アルコール三アクリレート(PEフアンみ)、工業級、台灣長興;触媒:5%塩化白金酸イソプロピル溶液. 2ラウリン酸ジブチル錫、百灵威、試薬;重合防止剤に、ろく一二叔:ブチルフェノール、百灵威、試薬、助剤:BYK346(湿潤レベリング剤);光イニシェータ:1173、TPO-L、819、BASF;溶剤:酢酸ブチル.ブタンジオン、工業級;イソホロンジイソシアネート(IPDI):万、試薬、含水素ミンクオイル、工業級. 1 . 2


主要設備

高速分散機;鉛筆硬度計; DF-101S集熱式の恒温の加熱ミキサー、巩义の華;UVAD301-36履帯UV硬化器、深セン市潤沃機電. 1 . 3


仕様調製および性能テスト


1.3.1塗料の調製

に一定の質量比と取りアクリレートやアクリル改性有機シリコン、誘発剤.レベリング剤などを入れななじゅう℃のオーブンで密封混ぜ混ぜ後、静置を除いて.

1.3.2コーティング技術

泡吹き塗り、ABS上で器を吹き膜表面コーティングコーティング、置く履帯UV光硬化機向上行紫外光硬化.塗装を配置を採用した塗料溶剤希釈、小さな滝の棚板でガンをABS樹脂コーティング、置くななじゅう℃のオーブン5min、UV硬化.を

1.3.3コーティング性能テスト

硬度試験採用に鉛筆硬度試験方法;粘着力テスト:コーティング付着力のテスト参照GB9286―1988;剥離力テスト:剥離強度離型紙性能評価の最も主要な指標の一つを採用して、本文は3 MテープやVOID膜コーティングに離型の離型力テストを行う評価価格.

1.3.4赤外分光テスト

アメリカNicoletIS5赤外分光計を測定し、週波数400~4000cm-1、KBrをベースに、粉末サンプルハイブリッド研磨錠剤法を採用して、液体試料被覆成膜法テストを行って、KBr成形する。


空白1.4UV固化オルガノシリコン樹脂の合成


フリーラジカル硬化型オルガノシリコン樹脂にとって一般的に、ある種の合成方式。シリコン水素付加方式を採用して、直接アクリル酸単体とシリコンを含む水素付加反応を獲得し、プラス成型光硬化有機ケイ素、図いち通り;また、端基を炭素水酸基の水酸基ミンクオイルをカーバメートの付加反応採用ヒドロキシアクリレート化合物を通の端を得て、ポリウレタンバラ凸更ける謝はだけ璧途箕?


 ;


1.4.1UV固化オルガノシリコン樹脂OS1の合成

まずフラスコの中に含む水素ミンクオイルとアクリル酸単体(Si-H∶単体=いち∶いち)を開いて攪拌して、プラスに適量の重合防止剤、120℃まで加熱、加入触媒を採用し、赤外線の色譜のモニタリング反応、反応の転化完全終瞭まで、そして出料、光を避けるため保存予備.

1.4.2UV固化オルガノシリコン樹脂OS2の合成

フラスコの中にヒドロキシミンクオイル、開啓攪拌して、適量に加入する重合防止剤、加熱から45℃に加え、触媒を流す一定量のIPDI、反応段時間の後でテスト—NCO転化率が加わり、ヒドロキシアクリル酸化合物、引き続き反応時間?赤外監視反応色譜まで、反応の転化完全終瞭し、出料、光を避けるため保存予備.

に結果と討論


2.1UV固化オルガノシリコン樹脂の合成


反応条件:温度120℃で、Si—H:単体=いち∶いち、触媒:ご×10-5Pt;ベースの相対分子質量せん及び2000の含水素ミンクオイルとそれぞれTMPTAやDPHA、シリコン水素付加法制備UV硬化オルガノシリコン樹脂OS1シリーズオリゴマー合成データ表いちの通り。


表いちから見抜くことができて、含水素ミンクオイルとアクリル酸化合物付加反応速度が速い、赤外検出反応は2.5hで達成する率98 . 0%以上で、官能度の高いDPHA反応活性が高く、シリコンオイル相対分子質量の反応に目立った影響で;相対分子質量せんと2000のシリコン油粘度の違いは大きくなくて、だから付加後に相応のオリゴマー粘度異なります;しかし付加成品の粘度と含水素ミンクオイルに比べ、粘度が目立ち、流動性が悪くなり、これは、シリコン水素付加反応が起こる部分の拡連鎖反応や成品内部極性官能基後に増加による.図さんはシリコン水素反応初期や2.5h時の赤外線スペクトル図、


さんは図を見ることができて、2924.7cm-1と2848.6cm-1所はそれぞれ—CH2—反対称と対称伸縮振動峰、1730.4cm-1場は—C=O伸縮振動峰、1635.5cm-1所を—済みのチャンネル=CH2曲げ振動峰、1473.6cm-1所を―CH2—曲げ振動峰; 1010~1115cm-1所をSi—O伸縮振動峰;その中で2130cm-1(Si—H)の位置の吸収ピーク完全に消失し、完全に基づいて証明反応。


相対分子質量2000の水酸基ミンクオイルをイソシアネート付加反応、ペンタエリスリトールトリアクリレート通の端を得て、UV硬化が機シリコン樹脂OS2-1.

2.2UV固化オルガノシリコン樹脂の光硬化


合成UV硬化オルガノシリコン樹脂に所得を光硬化基本性能評価は表に分かって、違うイニシェータシステムを採用し、有機ケイ素アクリレートオリゴマー酸素にガスより大きな吸収と浸透し、UV硬化オリゴマーのを受けて酸素重合防止の効果は明らかにはコーティングを覆膜硬化固化良好、オリゴマー直接説明、酸素重合防止システムは重合抑制.たとえ官能度低いポリウレタン型有機ケイ素オリゴマーOS2-1のUV硬化、酸素重合防止効果が明らかではない可能性がある一方で、ポリウレタンで有機ケイ素の含有量は比較的低く、一方、ポリウレタン類ポリマー粘度より能力が劣る滲み酸素で、一定の程度の上で低下した酸素重合防止効果. 3 Mテープ採用硬化後のコーティングにテストを行って発見して、OS2-1硬化はわりに良くて、しかし大きい剥離力、OS1シリーズテストその剥離力は低い。明らかに2種類のオルガノシリコン樹脂離型の性能上の大きな違いは、主には、ポリウレタン型オルガノシリコン樹脂を含むがカーバメートボタンなどの極性官能基、容易と感圧粘着剤を形成の強い相互作用力.だから、実現オルガノシリコン樹脂コーティング離型の上の応用、空気の雰囲気に基づいて、さらに調整が必要OS1コーティングねぇぬらす賞壌?実現の低剥離力コーティングの調製. 2 . 3

光硬化離型調合指図書の調製




表に基づいて実験の結果を採用し、大きな相対分子質量のミンクオイル、官能度が高いのUV硬化オルガノシリコン樹脂OS1-4を空気環境下でのUV光硬化配合表さんの通りその中に採用。配合いち及びその所得コーティング表層も難しいのも完全に固めて、一定の手にくっついて;しかし配合により優れている調合指図書いち所得は、B-619高官が度を樹脂が招いたために最大限;調合指図書の中で有機ケイ素組分を保留して、中の部分はOS2-1 OS1-4調合指図書代わりに、固化結果、調合指図書よんしよ、ご、ろく硬化が好調で、採用を行うMテープ接着実験、剥離力の低い、調合指図書よんしよとご所得剥離力に異なり、調合指図書ろく剥離力はわりに大きくて、可能性はB-530官能度が低いため、形成しない緻密コーティングと説明を通して、酸素を極めて敏感なUV硬化オルガノシリコン樹脂を調合指図書の調節に克服酸素重合防止の目のことによって、獲得一定離型性能の光硬化コーティングを調整して調合指図書の調節ができる樹脂コーティング表面の剥離力(離型力)。

さん ;むすび


本研究を試みるシリコン水素アディティブ合成光硬化有機ケイ素材料に基づいて、有機ケイ素表面自由が低いの特徴を探索した自由基硬化型有機ケイ素材料離型の塗料の応用を獲得し、性能の良い有機ケイ素離型コーティング.また、UV硬化ポリウレタン型有機ケイ素高耐摩耗.高硬度。耐薬品性などの特徴は、合成技術の発展につれて、UV硬化オルガノシリコン樹脂コストが徐々に下がって、応用領域も広がる。


       ;;;;       ;;;; ; ;

源互いに有機ケイ素論などの権利侵害に連絡してください


削除
下記の製品にも関心があるかもしれません
問い合わせ
 Address Sunmoon Industry Park, 985 Xingzhong Road, High-Tech Zone, Bengbu China 
Post Code: 233000
Contact: Allen Wang
Telephone: 0086-552-3827158
Fax: 0086-552-3822922
Mobile: 0086-15605528186
Email: sales@siliconeoil.net
 QQ: 2509235466
公安备案号:34030002020529
皖ICP备14007495号
© 2008-2017 Iota Silicone Oil (Anhui) Co., Ltd 不許複製